MG治療の目標

重症筋無力症(MG)の治療では、「QOL(生活の質)やメンタルヘルスの良い状態を保つ」ことが大切です。
一方で、専門家の報告では、治療目標※を達成していない患者さんが40%程度いるともいわれています。
MGの症状があなたの日常に影響を及ぼしている、治療によってQOLが下がっているなどと感じることがあれば、まずは、医師に 相談してみるようにしましょう。

※経口ステロイド1日5mg以下で、軽微な筋力低下は存在するが、日常生活には支障がない状態(MM-5mg)

あなたのマイゴール(治療目標)を、主治医に伝えてみましょう

~MGとともに暮らす患者さんのマイゴール(治療目標)の例~

〜MGとともに暮らす患者さんのマイゴール(治療目標)の例〜

疲れやすさから子供と一緒に遊べなくなった。夕方には症状が悪化しやすいので、長時間の外出を控えるようにしている。
マイゴールは、子供と遠出をして一緒に遊んで、いろいろな経験をすること。

入院や通院が多いため、正社員からパートタイムとなった。愛犬の散歩が難しいので、実家に預けていてさみしい。マイゴールは、以前のようにフルタイムではたらくこと、愛犬と毎日散歩すること。

〜MGとともに暮らす患者さんのマイゴール(治療目標)の例〜
〜MGとともに暮らす患者さんのマイゴール(治療目標)の例〜

なかなか症状が安定せず、薬の量や入院の回数を増やしてコントロールしている。この状態では先の予定が立てられず、趣味の旅行にも出かけられない。マイゴールは、妻とドライブで北海道一周旅行をすること。

その他のマイゴール(治療目標)の例

その他のマイゴール(治療目標)の例
その他のマイゴール(治療目標)の例
その他のマイゴール(治療目標)の例

「重症筋無力症診療ガイドライン」作成委員会編. 重症筋無力症診療ガイドライン2014. 南江堂. 2014
Utsugisawa K, et al.: Muscle Nerve. 2017; 55(6): 794‒801.
Ozawa Y, et al.: J Neurol. 2021; 268(10): 3781-3788.